車の傷

新しく車を購入するために、今乗っている車を売る、買い取ってもらう、査定に出す、下取りに出す。
自然の流れです。

下取りに出すより、買取査定の方が、高く買ってもらえるのは事実で、たくさんの会社に簡単査定をするのは今当たり前となっている。
買取相場のチェックもちょっとしますね。


そこで、1つ気になるのが傷や汚れ、大きな破損でしょう。

汚れはある程度取れるかもしれませんが、傷は直すほかありません。
しかし、傷は傷でそのままに、ありのままに見せるのがいいでしょう。
ごまかしてもしょうがありません。

隠すことで査定員に怪しく思われるより、はっきり、傷は傷として紳士な態度の方が、印象もいいでしょう。

もちろん、大きな破損や傷であれば、大きく査定に響きます。
深い傷や破損に関しては、査定に響くことの気持ちの整理もできているでしょう。

問題は、ほんの小さな傷
これに関して、みんな敏感です。
磨いてごまかしたほうがいいか?どうにかできないか?
心配かと思います。
正直、ほんの小さな傷に関しては、それほど査定に響きません。

素人が、磨いてごまかそうとすることで、逆に塗装にムラが出てしまった方が、逆効果ということもありますし、買い取り会社もこの程度であればという許容範囲を持っています。

使用していれば、ある程度傷も付きます。
新車同様なカタチに持っていくこと自体不可能に近いのですから・・・。

ただ、1つ言っておきます。
綺麗にできる部分は、綺麗にしておいた方がいいです。
車内、ボンネットの中、トランクの中など、
査定員にこの人は大事にこの車を乗っていたんだなぁ~っと思わせるために掃除はしっかりした方がよいでしょう。

車だけでなく、売り主の対応、車から見る清潔感なども、小さい部分ですが査定の1つです。


とりあえず、中古車査定でいくらくらいの値段が付くか、見てみたいと思っている。